fc2ブログ
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
01« 2013/02 »03

プロフィール

高知こどもの図書館

Author:高知こどもの図書館
認定NPO法人が運営する、日本で初めてのこどもの本専門の図書館です。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

読書会『ホビットの冒険』

いいお天気の土曜日、今日の午後は読書会でした。

昨日ブログでもお伝えした本の山が並ぶ会議室で読書会を実施。

今月の課題本は『ホビットの冒険』(J.R.R.トールキン作 瀬田貞二訳 岩波書店)

ホビットの穴ほど整えられていないので、部屋の散らかり具合はドワーフの穴くらい?

なんていう話をしながらの会でした。

参加者の感想を紹介します。

Oさん:1970年代に読んでマニアになるくらい大好きになった。
今回読み直す暇がなかったけど、現代のファンタジーを
最近読む機会があって、『ホビットの冒険』の最初のページを読み返してみて、
ホビットは何て読みやすいんだろうと思った。
今の時代のファンタジーは面白いものは多いけど、好きになるのはなかなかない。
この本を読んだ後に悲しみが押し寄せてきた。物語の最後は読者もビルボと一緒に帰ってくる。
トールキンの世界観が確立されていると思う。

Nさん:私は『指輪物語』を読んで何となく筋はわかる。
『ナルニア国物語』が大好きで、同じ瀬田貞二さんの訳。
最初のページを読んで引き込まれていった。

Kさん:手にとって冒頭を読んだとき、最初の数ページから引き込まれる文章だと思った。
描写が繰り返し丁寧に書かれているので、途中で読むのをやめて
また読み直しても、世界にすっと入りこめる。
ホビットの世界に流れる時間が心地いいと思った。

参加者の人数は少なかったですが、その分じっくりと語り合えるいい時間でした。

次回の読書会は

3月30日(土)14:00~

『「希望」という名の船に乗って』(森下一仁作 ゴブリン書房)です
スポンサーサイト



| HOME |