fc2ブログ
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
01« 2024/02 »03

プロフィール

高知こどもの図書館

Author:高知こどもの図書館
認定NPO法人が運営する、日本で初めてのこどもの本専門の図書館です。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

YA読書会『鬼の橋』

春らしい日が続いています。
図書館の木には、浅い緑の小さな葉がたくさんつきはじめました。

そんな3月の読書会、課題本は
『鬼の橋』伊藤遊著(福音館書店)でした。



一見手に取りづらそうな表紙なのですが、
読んでみるとこれが読みやすく、そして面白い本なのです。



舞台は平安時代の京都、小野篁(おののたかむら)という少年はあるきっかけで
井戸から冥界へと迷い込みます。
そこは現世とあの世を結ぶ橋がかかり、橋の下には
顔を映すと過去の自分の過ちを映す川が流れています。
周りには人を喰おうとする鬼がうろうろして、生きた人間が迷い込んではいけない場所。
悩みを抱える篁は、ことあるごとにその場所へ行くようになります。

そして篁は、五条の橋で父親を亡くした阿子那という少女と、
亡くなった彼女の父親が建てた橋を、台風の洪水から
守ろうとする鬼のような人物、非天丸と出会います。
彼らとの出会いを通し、篁は青年への一歩を踏み出します。


参加者は7人とたくさんの方が参加してくださいました。
(なんとはるばる土佐清水から来て下さった方も!!)
参加者の方が作ってきてくださった、
12月の読書会課題本『聖夜』に出てくるドイツの揚げ菓子、
Quarkbällchen クヴァーク・ベルヒェンをいただきながら
今回もわいわいと盛り上がりました。みなさんの感想を少し、ご紹介します。

Hさん:京都に住んでいたことがあったので、雰囲気が感じられた。
篁の葛藤は、思春期に必ず通らなければならないところ。

Nさん:光が火しかない時代の昼と夜、あの世とこの世、陰と陽の対比が
よく出ていた。続編がぜひ読みたい。

Mさん:阿子那の生命力がすごい。みんなが阿子那に出会うことによって、
幸せになっていく。

Dさん:主人公は、小野篁という実在の人物。百人一首の歌人でもあり遣唐副使も務めた役人の
篁にはいろんな逸話がある。時代講釈がしっかりしてて楽しく読める作品だった。
太田大八さんの絵も大好き。

Sさん:坂上田村麻呂将軍は、いつも感情をむき出しにしている。
かつての仲間が先に向こうの世界に行けるのに、自分だけ橋を渡れずに可哀想。

Oさん:物語の主人公は橋だと思った。人と人をつなぐ橋、この世とあの世を結ぶ橋。
ファンタジーと言われているけど、平安時代には鬼も地獄もリアルにありそう。

Kさん:牛鬼や馬鬼の絵がとっても生々しくていい。
酔っ払って冥界に迷い込んだ役人と、牛鬼と馬鬼のかけあいがまぬけで滑稽だった。


今回は大人の参加者が多く、かなり濃厚な読書会となりました。
こんな読書会も、たまにはありですね♪



次回は4月28日(土)14:00~
課題本は『ムーミンパパの思い出』
(トーべ・ヤンソン作絵、小野寺百合子訳 講談社)です。


みなさんのご参加、お待ちしています。


スポンサーサイト



寄付金をいただきました | HOME | 助成金決定!

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |