fc2ブログ
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2023/11 »12

プロフィール

高知こどもの図書館

Author:高知こどもの図書館
認定NPO法人が運営する、日本で初めてのこどもの本専門の図書館です。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

9月の読書会『怪物はささやく』

きんもくせいが香り始めました。
秋の空気は空同様澄み切っているような気がします。

9月の読書会、課題本は『怪物はささやく』(パトリック・ネス著 あすなろ書房)
でした。

秋の空とうってかわって、この作品の空は
黒く雲がおおいかぶさっているような雰囲気です。
参加者は4名、中には翻訳が気になり原書をアマゾンで購入した方も!

みなさんの感想を少し紹介します。

Mさん:怪物は、姿かたちはイチイの木を借りているけど、コナーの内面を表している。
原書が気になった初めての本。

Dさん:トビラの詩、ヒラリー・マンテル『愛をめぐる実験』を読んで、
若いときは早く大人になりたいと思ってたから、若いときの時間を
「耐えられそうにない」とは思わなかった。今の人はそうなのかな。

Kさん:ハリーとコナーの関係が不思議だった。ハリーはものすごくよくコナーのことを見ている。
いじめではないような感じ。手下の2人にはわからない、2人だけに通じるものがある。
もしかするとすごく似ている二人なのかもしれない。

Nさん:この夏読書感想文の中学生の部に選ばれていたけど、
これで感想文は書きづらい。イラストも多くて手には取りやすいけど。
原書をアマゾンで買った。カバーと外すとイチイの木が出てくる。原書の方が英語だけど読みやすい気がする。

主人公コナーと同級生のハリーの関係や、
病気で治療を続けているお母さんに対してのコナーの感情、
自分の矛盾した気持ちにもがくコナーの内面など、
掘り下げる観点はたくさんありそうですが、やはりこれで読書感想文を書くとなると
「うーん……難しい」という意見で一致しました。

また、この作品を読んだ人へ
参加者の方がおすすめの本として『かかし』(ロバート・ウェストール著 金原瑞人訳 徳間書店)
を挙げてくださいました。



さて次回の読書会は……
10月27日(土)14:00~
課題本は『八朔の雪~みをつくし料理帖』(高田郁著 ハルキ文庫)です。
図書館では、読む人がみんなハマっていくと評判の作品です。
最近テレビドラマ化もされましたね。どうぞご参加ください。
スポンサーサイト



おいしい本、み~つけた! | HOME | こども文化の森図書館@四万十町十和

Comment

周りからいつも同じ目で見られる~自分には違う面もあるのに~と時には苦痛に感じた若い頃もありました。『怪物はささやく』の読書会に出られなくて残念。次は今「食い尽くし」状態に陥っている高田郁の本!急な用事が入りませんように…。
2012/10/12 10:17 | URL | #- [ Edit ]
食い尽くし、うまいですね~。笑
食欲の秋にぴったりの読書会になりますように。
2012/10/19 12:10 | URL | 高知こどもの図書館 #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |